のんびりかめの とにかくやりたいことやるブログ

大人のやり直し英語学習、育児、本や映画、ドラマのレビュー、日常のことなど とにかく書きたいことを日々書いていくブログです

MENU

【映画レビュー】『MEG ザ・モンスター』を観た!(ネタバレ感想あり)サメ・ステイサム好きなひとにオススメ

 

ずっと観たかった、ジェイソン・ステイサム主演の古代超巨大サメ映画『MEG ザ・モンスター』を観たのでレビューします。

 

 

 

目次

 

 

 

あらすじなど

 

原題:

The Meg  2018年  アメリカ  113分

 

あらすじ:

マリアナ海溝を超える未知の海溝が発見され、探査チームが調査に乗り出すが、そこでメンバーは200万年前に絶滅したとされている古代の深海ザメ『メガロドン』に襲われる。

現場を退いたレスキューダイバーのジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)が再び呼び戻され、超巨大ザメと死闘を繰り広げる。

 

キャスト:

ジェイソン・ステイサム(ジョナス・テイラー)

リー・ビンビン(スーイン)[ヒロイン]

レイン・ウィルソン(モリス)[投資してる実業家みたいな人]

ルビー・ローズ(ジャックス)[カッコいい女性技師みたいな人]

ウィンソン・チャオ(ジャン博士)

クリフ・カーティス(マック)[チーフ]

マシ・オカ(トシ)

ペイジ・ケネディ(DJ)[面白担当]

ジェシカ・マクナミー(ローリー)[元奥さん]

オラフル・ダッリ・オラフソン(ウォール)

ロバート・テイラー(ヘラー博士)

ソフィア・ツァイ(メイイン)[スーインの娘]

 

監督:

ジョン・タートルトーブ

 

 

感想(ここからネタバレあり):

 

 

オススメ度:3

 

 

まず、率直に言うと…

「まぁまぁ面白かった!」です。

 

 

ジェイソン・ステイサムが安定のカッコよさ!

 

 

ジェイソン・ステイサムファンは観るべきですね、この映画でも

『ちょっとアウトローな、実はスゴイヤツなのに誤解されたままのヒーロー』

って感じで、まさに彼のイメージ。

 

メガロドンと過去に対峙したことのある『(スーパーヒーロー)レスキューダイバー』という役どころですし、ヒロインの中国人女性、スーインとのラブロマンスもあり…という事で、安心して観ていられます。

 

なのでいい意味で安心して観ていられるし、その分

「ステイサムは最後まで死なないんだろうな」

みたいな予想も簡単にできちゃうんで、それは良し悪しって感じですかね…

 

でもやっぱりそこはステイサムですから、それでいいんです(笑)。

過去のサメ映画みたいに『大物俳優がイキナリ食べられちゃう』みたいなドッキリは要らないんです!

 

「ラストで、不死身のステイサムと、超巨大深海古代怪獣ザメ メガロドンはどう死闘を繰り広げるのか!?」

 

それから

「メガロドンとは?どれぐらいデカイのか?凶暴なのか?攻撃能力は?人間をどんな感じで捕食するのか!?」

 

って点で期待を上回ってくれさえすれば、興奮させて感動させてくれればいいんです!!

 

 

…と思いながら観ていたんですがね、まぁ、最初に述べた通り、感想は

 

「まぁまぁ面白かったかな」

 

です。

 

 

イマイチな点

 

まず、日本人として最初にすごく気になったのは、

「さり気なく日本ディスってるよね?」

という点。

 

ステイサム演じるジョナス・テイラーの美人の元奥さんが

「反捕鯨団体に所属してた」

と得意げに自己紹介してるところとか…

 

あと、なんとあの『HEROES』のマシ・オカさん演じるトシっていう日本人も出てくるんだけど、ちょっと下ネタ言ったりしてちょっとだけ下品な感じ。

 

しかもマシ・オカさん自体は英語は確かすごく流暢だったハズだけど、少し日本語訛りで喋ってますね。

 

そういう役どころなんだろうけど…

 

 

で、ヒロインや、そのお父さんで博士的な男性は中国人なんですが、美男美女で英語は流暢、知的で勇敢。

 

何だかなぁ…

 

と最初は思いました。モヤモヤしたまましばらくは観ていました。

 

結局、マシ・オカさん演じるトシはイイヤツだったんで、まぁいいか…みたいになりましたけど。

 

気になって調べたらこの映画、アメリカと中国の合作なんですね!

 

納得。

「なんか正直だね(笑)」

と思いました。

 

まぁ、日本ディスはその最初の方のシーンだけで、あとは気にならず純粋に楽しめましたよ。

ヒロインも美人ですしね。

 

 

メガロドンの攻撃能力とか捕食シーンとかの “凄さ”の描写がもっと欲しかった

 

大きさとか凶暴さがよく分かんなかったかな…

私はスマホで観たからかもしれないですが、スクリーンで観たらまた違ったのかも?

 

ヒロインのスーインの娘、メイインが海中トンネルみたいなところでメガロドンに出会っちゃうシーンは『ヌっ!』って感じで現れて凄く良かったので、そんなシーンがもっとあったら良かったですね〜。

 

この映画は子供でも観れるぐらい、全然グロも血も出てきません。(動物の血は出てきたけど)

それが迫力不足だったのか…

 

 

良かった点:

 

ステイサム演じるジョナスとメガロドンの死闘はまぁまぁスッキリしたww

 

ステイサム好きにはたまらないですね(笑)。

さすが超人ですよ。

 

しかし個人的に気になるのは、ステイサムは超人だけど、この『ジョナス』という役柄の人物じたいは実はただの『レスキューダイバー』なんですよね。

 

「どんなレスキューダイバーやねん!?」

 

とは思いましたが…きっと凄い経歴の凄い能力の持ち主なんでしょう…映画の中では触れられていませんが…。

 

 

ありがちといえばありがちなサメ映画、なんですが、他のサメ映画と違う点としては、

 

『ハイテクなモノを使って怪物と対峙する』

 

ってところですね。

これは新鮮だった!

 

何か、『エイリアン2』のロボット的なモノ(モビルスーツ?)を装着して エイリアンクイーンと闘うリプリーを思い出しました…

大好きなんですよリプリー。

 

 

あと凄いどうでもいいかもしれませんが、犬のピピン可愛い。ピピンを一番応援しちゃった。

 

 

 

最後に

 

 

この映画は、ジェイソン・ステイサム好きサメ映画好きパニックホラー好き中国や中国語好き(結構 中国語も出てきますから)、犬好き(?)な方には楽しめる映画になっていると思います。

 

これから夏に向かって観るにはオススメなサメ映画ですので、観ていない方は 良かったら観てみてください^ - ^

 

 

それでは今日はこの辺で♪

 

 

他にもサメ映画のレビュー書いてます↓

 

www.kanon.pink

 

 

このブログは はてなブログで運営しています。

はてなブログをやっている方は読者登録してくださると嬉しいです^ - ^